冒険活劇

GANTZ / 奥浩哉

【送料無料】GANTZ(1) [ 奥浩哉 ]
ストーリー #
キャラ #
絵の魅力 #
演出 #
個性 #
中毒度 #
おすすめ度
(総合)
#

さて、今回はようやく完結したGANTZです。
GANTZ、聞いたことないって人はなかなかいないでしょう。映画化もされたし、ロングヒット作品だし。有名です。
その作品が遂に完結したのです。
……

あの…

最終話読んだ人なら、このニュアンス伝わると思いますが……
まあいいや(おい)
記事の全文を読む

無限の住人 / 沙村広明

無限の住人(1)
ストーリー #
キャラ #
絵の魅力 #
演出 #
個性 #
中毒度 #
おすすめ度
(総合)
#

うわーーー終わっちゃった。終わったよーむげにんがー。あー。
あー。
あー……

ということで今回のオススメ漫画はむげにんこと『無限の住人』、全30巻。
ほら、←左側の管理人おすすめコーナーに載ってるでしょ。
ずっと読んでたのよ。ずっと勧めてたの。
でも終わっちゃったの。
今回レビューのタイトルに「無限の…」て書いてて、うわー終わったんだなと(しつこい)。
記事の全文を読む

岳 / 石塚真一

ストーリー #
キャラ #
絵の魅力 #
演出 #
個性 #
中毒度 #
おすすめ度
(総合)
#

ほふぅ…
たった今読み終えました。岳18巻。物語が終わってしまった…
何この喪失感。
何この気持ち。
記事の全文を読む

STEEL BALL RUN / 荒木飛呂彦

ストーリー #
キャラ #
絵の魅力 #
演出 #
個性 #
中毒度 #
おすすめ度
(総合)
#

これを書く段になって気付いたんですけど、JOJO作品、まだレビューしてなかったのね。
一応説明しておきますと、わたくし、「飛呂彦」が一発変換されるくらいのJOJOファンです。第一部の連載スタート時からリアルタイムでジャンプで読み続け、今に至るオッサンです。『死刑執行中 脱獄進行中』とか『変人偏屈列伝』も持ってます。バルバルバルバル。
記事の全文を読む

ザ・ワールド・イズ・マイン / 新井英樹

ストーリー #
キャラ #
絵の魅力 #
演出 #
個性 #
中毒度 #
おすすめ度
(総合)
#

前々回レビューした『キーチ!!』に続き、今回も新井英樹作品。
☆の数がまったく一緒なのは、ただのコピペではありません。
『キーチ!!』と同じく、神作品認定。
この単語は簡単に使うべきじゃないと重々承知していますが、ここであえて使わせて頂きます。
作者は天才。(2回目)
今回もすげかった。
記事の全文を読む

万祝 / 望月峯太郎

万祝(1)
ストーリー star4
キャラ star5
絵の魅力 star3
演出 star3
個性 star5
中毒度 star4
おすすめ度
(総合)
star4

今回のおすすめ漫画は望月峯太郎『万祝』全11巻。望月峯太郎は『バタアシ金魚』『お茶の間』『ドラゴンヘッド』を描いた人ですね。
この作者、作品ごとにけっこう作風を変えてくるんですが、今回の『万祝』は単純明快な冒険活劇です。なんといっても海賊の話。そこに余計なサブ要素は含まれておりません。みんなが「海賊」と聞いて想像するような話からは大外れしない、非常に分かりやすい作品だと思います。
記事の全文を読む

DRAGON QUEST -ダイの大冒険- / 原作:三条陸 作画:稲田浩司

【送料無料】Dragon quest-ダイの大冒険ー(1(誕生の章))
ストーリー star4
キャラ star5
絵の魅力 star4
演出 star4
個性 star4
中毒度 star5
おすすめ度
(総合)
star4

今回のおすすめ漫画は、これぞ少年漫画の王道!という作品です。
『DRAGON QUEST ダイの大冒険』、全37巻。(文庫版は全22巻)
ドラゴンクエスト人気が絶頂であった1989年から7年間にわたり連載されたこの作品。私はこれまでに2度通読してまして、今回レビューを書くにあたって数年ぶりにもう一度読み返してみたんですが。
記事の全文を読む

ONE PIECE / 尾田栄一郎

ストーリー star5
キャラ star5
絵の魅力 star5
演出 star5
個性 star5
中毒度 star5
おすすめ度
(総合)
star5

「おすすめ漫画ラボ」記念すべきレビュー第一作目は、王道の中の王道、尾田栄一郎『ONE PIECE』です。
こんな超メジャーを今さらレビューする必要あんのかと怒られそうですが、『ONE PIECE』は私が今現在最も好きな漫画なので、ブログを作ったら一番最初にこれをレビューしようと心に決めていたのでした。
おかげさまで一発目から点数がオール☆5です。
このサイトの信憑性ゼロです。
ファ○通のクロレビ並です。
いいんだよ。
だって最高なんだもの。
記事の全文を読む

amazon