ラブコメ

ハルシオン・ランチ / 沙村広明

ストーリー #
キャラ #
絵の魅力 #
演出 #
個性 #
中毒度 #
おすすめ度
(総合)
#

本日のおすすめ漫画は沙村広明先生の『ハルシオン・ランチ』全2巻。
こないだ「同一作者で3作品レビューというのは他に無い」とか言っといて、よく考えてみれば沙村作品のレビューもこれで3作品目ですか。
いやー好きです。この作者。絵が上手だしバカだし。

記事の全文を読む

おひっこし / 沙村広明

【送料無料】おひっこし
ストーリー star4
キャラ star4
絵の魅力 star4
演出 star4
個性 star4
中毒度 star4
おすすめ度
(総合)
star4

今回のオススメ漫画は『無限の住人』の沙村広明が描いた短編集『おひっこし』全1巻。
もちろん私は『むげにん』の大ファンですが、あっちが時代劇なのに対してこっちは現代劇。ところがこの作者、さらりと描き分けています。上手。
記事の全文を読む

自虐の詩 / 業田良家

【送料無料】自虐の詩(上巻)
ストーリー star5
キャラ star5
絵の魅力 star2
演出 star3
個性 star4
中毒度 star3
おすすめ度
(総合)
star4

実は、つい最近までこの作品のことを全く知りませんでした。
今回のおすすめ漫画は業田良家『自虐の詩』。私が買ったのは上下巻の文庫版。
なんかね、あっちこっちで「泣ける!」とか「号泣!」とかうるさかったので、何かを買うついでにカートに一緒に入れておいたんですが。
記事の全文を読む

めぞん一刻 / 高橋留美子

めぞん一刻(1)
ストーリー star5
キャラ star5
絵の魅力 star3
演出 star3
個性 star5
中毒度 star5
おすすめ度
(総合)
star5

今回のおすすめ漫画は、1980年代に流行した「ラブコメ」というジャンルの代表作にして永遠の金字塔、高橋留美子『めぞん一刻』。文庫版や愛蔵版など色々ありますが、大体10巻+αってところです。
高橋留美子と言えば『犬夜叉』ですが、連載する雑誌によってこれほど作風の本質が変わる作家も珍しい。言うまでもなく少年誌と青年誌では求められる作品のタイプが異なってきますが、高橋留美子というマンガ家、個人的に、どうして青年コミックを描き続けてくれなかったのかと悔やまれます。
記事の全文を読む

ハチミツとクローバー / 羽海野チカ

【送料無料】ハチミツとクローバー(1)
ストーリー star5
キャラ star5
絵の魅力 star5
演出 star5
個性 star5
中毒度 star5
おすすめ度
(総合)
star5

いやー遅ればせながら読みましたよ。
今回のおすすめ漫画は羽海野チカ先生の名作、ハチクロこと『ハチミツとクローバー』、全10巻。

最初、まあ人気だし話題だし、映画とかドラマになってるし、
一応押さえとこうと読み始めたんですが、
3巻くらいから妙に引きずり込まれ、気付けば本屋にダッシュして残りのコミックを大人買いしてました。

記事の全文を読む

amazon